高級デリヘル

私の初恋は幼稚園の頃です。彼とは同じ幼稚園で、習い事の英会話教室でも一緒でした。彼はとても優しくてかっこよかったので、他の女の子たちからも人気がありました。幼稚園では散歩の時間があり、散歩をするときは男女でペアになって手をつなぐことになっていました。
ペアは先生が勝手に決めてしまうので、運よく彼とペアになれたときはとても嬉しかったです。

 

そんな彼に、私はバレンタインデーにチョコを渡しました。英会話教室から帰る途中のことです。とても緊張していたのですが、彼は笑顔で受け取ってくれました。
そしてホワイトデーにはお返しとしてクッキーと手紙をくれました。手紙には「僕も好きだよ」というようなことが書いてあってとても嬉しかったのですが、それはたぶん友達としてだ、ということも幼いながらわかっていました。でも、当時は付き合うということをよく知らなかったので、相手に気持ちを伝えられて、相手もちゃんと答えてくれたというだけで、十分嬉しかったです。
彼はその後引っ越してしまって、今はどこにいるのかもわかりませんが、ホワイトデーに貰った手紙は、幼いころの大切な思い出として今もとってあります。